キーOFFの状態でもお車・バイクのバッテリーは消費されます!

暗電流によってバッテリー上がりが発生することもあります

暗電流

お車やバイクのキーをOFFにしておいても、制御コンピューター、時計、セキュリティー装置、オーディオ機器などの電装品によりバッテリーの電力は消費されます。

この時に流れる電流を暗電流といいます。

暗電流は、キーOFF状態でも消費されます

暗電流の大きさ

暗電流の流れを示す上図でも分かるように、バッテリーで消費される電力は、ECU(制御コンピューター)やオーディオ機器、パワーウィンドウ、時計、リモコンキー装置など各種の電流を消費する実装部品により決定し、そのおおよその値は30mA~50mA程度といわれています。

エンジン始動に必要な充電率がバッテリー満充電の7割程度とすると【バッテリーの規格表示】例で例示されている55B24Rバッテリーの場合、JIS D 5301:2006規格表より、5時間率は36Ahとなりますので、
満充電の70%でエンジンが始動できなくなるとすると、
((36Ah*0.7)/0.03A)/24時間≒35日
でエンジンが始動できないことになります。

暗電流の測定

暗電流は、テスターで測定することが可能です。(下図)
但し、下図中の「×」印の箇所の接続の取り外しを一番最後にしないと、ECUや各種電装品への電流供給が途絶えるタイミングが出来、設定値がリセットされてしまいます。また、DIYで作業する場合は、感電に気を付けて作業する必要が有ります。

暗電流の測定

バッテリー上がりに迅速対応

年間契約の入会金など必要なく、お電話一本で迅速出張致します。

突然発生するバッテリー上がりに深夜 早朝24時間受付のコールセンターが安心の対応を致します。

お困りの際は、お気軽にお問い合わせください。

生活当番24受付センター 
☎ 050-2018-0667

お客様に最短時間で対応できる作業員を緊急手配致します。