バッテリーの始動性能表示 CCA

CCA値はバッテリーの始動性能を表します

CCA~コールドクランキング・アンペア

JIS規格 CCA値CCA(Cold Cranking Ampere)は、低温時のエンジンの始動性を表した値で、この値が大きいバッテリーほど短時間で高い電流値を流すことができることからエンジンの始動性が良いバッテリーということになります。
CCAテスターを使用し、使用中のバッテリーのCCAを測定することが出来ます。
バッテリー出荷時時のCCA値に対して、測定したCCA値が70パーセント程度で有れば、バッテリーの消耗や電極板のサルフレーションの発生が考えられますのでバッテリー交換の必要性が近くなっていると想定できます。

CCA値

CCAの測定によるバッテリーの良否判定は、欧米で使用され始めたバッテリーの判定方法ですが、日本ではJISD5301:2006で下記の通り定格値が規定されています。

「 蓄電池のエンジン始動性能を表す尺度で,−18 ℃±1 ℃の温度で放電し,30 秒目電圧が 7.2 V 以上となるように定められた放電電流」

また、CCA値の測定方法は各国(組織)の規格により温度、測定タイミング、放電電流値が異 なります。
SAE規格:JIS規格と同じ
DIN規格:-18℃、30秒、9.0V
DIN-EN規格:-18℃、10秒、7.5V

出張バッテリー交換にも対応

バッテリー上がりの際の、緊急ジャンピング始動の他、出張でのバッテリー交換にも対応致しております。

バッテリー上がりでお困りの際は、お気軽にお問い合わせください!

受付センターは24時間いつでもご連絡可能です。

*出張バッテリー交換は、緊急対応時にバッテリーの在庫の確認が必要です。
出張バッテリー交換対応ご希望のお客様は、事前に受付センターまで在庫の確認をお願い申し上げます。
メーカー車種・年式などお分かりの範囲でご連絡ください。搭載バッテリーの規格がお分かりであれば合わせてご連絡いただけますと助かります。

生活当番24受付センター 
☎ 050-2018-0667

お客様のトラブル先へ最も近い技術員を緊急手配致します!